KIKAIJIMA

喜界島の白ごまは日本一!

Natsu

こんにちは!
最近めっきり
涼しくなって、過ごしやすくなってきましたね。

セミはまだまだ鳴いてる喜界島です。

さてさて。
前回、ちらりとお伝えしましたが
喜界島では、只今、白ごまが旬の時期です。

なんといっても、実は喜界島は
白ごま生産日本一なんです!!

国内では、白ごまは99%が海外からの輸入なんですが
喜界島では、昔から、代々農家さんが守り続けてきた、在来種なんです。

小粒ですが、風味と香りは抜群なんです。
食べた瞬間から全然違う~!!と
大人になって
改めて美味しさの違いに気づきました。

隆起珊瑚礁できた島のミネラルや夏の太陽をたくさん浴びて、すくすく成長してきました。

白くてかわいいゴマの花♥️

今年は台風も直撃してないので、例年に比べ豊作みたいです(^^)

夏の終わりから秋にかけて
様々なところで、ごまを干してる風景がみられます。

道路にたてかけられた風景はまさに
セサミストリート!!

乾燥したごまを丁寧に手作業でたたいて、落とす。叩いたごまの、異物をとりのぞきます。

これも昔からの作業で手前はかかりますが、

いろいろみてきましたが、胡麻を叩く際に
木の棒を使う人、
布団叩きを使う人、
テニスラケットと使う人
など、叩く道具も様々ですが、皆様、手にすっかり馴染んでる道具になっていて、ずっと使ってるんだなと。島のごまの歴史をそこでも感じたりしてました。(^^)

作り手、生産者の方々がが見える食材は
やはり、安心と、大変さもわかるのでありがたく、さらにおいしく感じますよね。(^^)

しっかり叩いたごま異物を取り除き、更に天日干します。

白ごま商品は様々な加工品もありますが

喜界島の黒糖と胡麻でつくられたゴマッカシ、(ゴマサター)は喜界島を代表する昔からあるお菓子です。

ぜひご賞味ください~😆

喜界島の胡麻が
たくさんに人にたべてもらえますように。

喜界島のふるさと納税品にもなってます。

喜界島の自慢の白ごまのお話でした。

島ミカンも旬になってきました。
秋を感じます。

Natsu

喜界島生まれ、喜界島育ち。
1児の母。
京都からUターンで子育てしながらのんびり島暮らし。
喜界島の日々や自然、生活、人をカメラで撮り続けてます。