楓小箱(イラストレーション緒方環) <新潟県>

季節の移り変わりとともに葉の色を変化させる楓の木から生まれた小箱。 楓は家具や楽器、建築材などにも使われる丈夫な木です。 花言葉は大切な思い出と美しい変化…。 中のクッションを裏返してセットすればジュエリーBOXに。 クッション材を外せば時計やネックレスなどを入れるケースとしてもご使用できます。 お箱の用途はジュエリー、扇子、お箸、筆記用具などお手にとっていただいた方のお好きなモノや大切な思い出を入れていただけたら。 緒方環さんが描く凛とした女性の墨絵を添えた小箱を玄関先やリビング、寝室などに置けばきっと安らぎとエネルギーをかんじていただけることと思います。
緒方 環(おがたたまき)
1968年生まれ
多摩美術大学テキスタイルデザイン科卒業後、渡仏
2年間のパリ在住を経てフリーのイラストレータに
墨の濃淡で人物、植物、ファッション等を描く墨画(SUMIGA)を創出
国内外のアパレル・コスメブランドへのイラストレーション提供や書籍の装画、レストランの壁画等幅広い制作活動を展開
2011年よりテーブルウェア「hakuji」のデザイン&プロデュース
2016年秋より銀座ファッションウィークへのイメージイラストを手掛ける

Made in
新潟県

大橋洋食器
新潟県新潟市中央区本町通8-1352
https://www.ohashi-web.co.jp/
日本海側最大の港町、新潟市。かつて北前船が寄港し、様々な地域の人や文化が入ることで発展していきました。 大橋洋食器はその新潟市で1886年(明治19年)、当時ではまだ全国的にも珍しかった洋食器の会社として誕生。 様々な人や文化が育んだ新潟の文化や価値観。そんな土壌の中で、130年間、器が求められる役割を考え、市場に提案し続けています。