ITEM

器に恋する

Mio Matsui

しあわせ戦略

前にご紹介させていただいた
西麻布 みかづき さん。
http://nishiazabu-mikatsuki.jp/

 

こちらのお店で使われている器は西川先生の作品が多く、私はその器に恋をしてしまいました。

先生の作品をしばらく探していた私に
「あそこならまだ残っているかもしれないよ。」
と教えていただきこの子と出会いました。

使えば使うほど風合いがでる器。
我が子のように育てるには色々な料理に使うべき。

私は早速ハンバーグを盛り付けたのですが、いつものハンバーグが高級ハンバーグにしか見えません。

どんな簡単なものでも自分好みになってしまう器。

フルーツを盛り付けても、チーズや生ハムでも。

盛り付けは料理の醍醐味です。

そしてこちらの作品にも恋をしてしまいました。

銀彩の器は安藤先生の作品です。

http://www.momogusa.jp/masanobu/ginsai.html

手作りだからこそ一つ一つにストーリーがあり形が違う器たち。
作家さんは我が子をお嫁に出すような気持ちだと思います。

嫁いだ先の食卓で新しいストーリーが始まると器も家族の一員になれるのかもしれません。

安藤先生の作品には、ほうれん草サラダを盛り付けてみました。

いつものサラダがレストランのような仕上がりで会話も弾む”食卓に笑いあり”になりました。

 

松井美緒

料理を作りながらお酒をいただく時間が幸せな一男一女の母。
心がけていることは1人の時間を大切にし、自分に優しくしてあげること。
自分がunhappyだとまわりをhappyにするのは難しいから。