イグサバッグ

Igusa bag

香りとともに
育てるバッグ

須浪亨商店

いぐさのかご「いかご」を始め、いぐさを活かした商品を製作している須浪亨商店。花ござの発祥地である岡山県倉敷市で、130年以上いぐさに携わってきました。

現在工房に立つのは、5代目の須波隆貴さん。子どもの頃からお祖母様に教えてもらっていた「いかご」を引き継ぎ、ひとつひとつ丁寧に手作業にこだわりつくっています。

手作りなので1日数個しかつくれませんが、完成したいかごはやわらかな緑色や、いぐさの香りなど、天然素材だからこそ滲みでる自然の美しさが際立ちます。

mix&mingleでは、暮らしに寄り添う須浪亨商店のいぐさ雑貨を販売しています。手づくりならではの温もりと、いぐさの風合いをお楽しみください。

時間をかけて育てる楽しみ
愛しさが増す、私だけのいぐさ雑貨

畳の原料としても知られるいぐさは、時間とともに緑色から温かみのある茶色へと変化していきます。いぐさの雑貨も同様に、使い続けることで手の脂で艶が出たり、かごの角がやや丸みを帯びてしなやかになったりする経年変化を楽しめるのが魅力です。たくさん使って、世界にひとつだけのいぐさアイテムに育ててくださいね。

いかご 小

B5サイズが入る、日常使いにぴったりないかごバッグです。大きさは膝に乗せやすい幅約30cm。おでかけや買い物はもちろん、浴衣にも似合います。

すいかかご 手長

アイデア次第でさまざまな用途に使用可能。オーナーの須波さんは、子供の頃サッカーボールを入れて遊びに行っていたそう。手持ちの内袋を入れて、かごバッグとして使っても素敵です。

びんかご 大

日本酒一升瓶や、少し伸ばすと2Lペットボトルが入る大きさです。ホームパーティへの持ち寄りの際や、お酒を贈る時のかごとして使用するとおしゃれです。また、収納かごや、台所の野菜かごとして使うのもおすすめです。

鍋敷き 中

底が丸い鍋でも安定して置くことができるドーナツ型の鍋敷きです。熱の伝道を抑えるだけでなく、テーブルに傷がつくのを防ぐ効果があります。中サイズは直径17cmほどの鍋や鉄瓶、薬缶などにおすすめ。いぐさでできているので焦げつくこともありますが、経年変化によって味わいが深まり、愛着がわくはずです。