ルーツは珊瑚の島

DIALY

ぐるりと美しい海に囲まれた喜界島。

海外のリッチなリゾート地とは違うけど、島に降りた瞬間から心が洗われるような気持ちになり旅行というよりも滞在中、自然と暮らすことが叶う場所ではないかと思います。

顔の表情や振る舞いだけで生き方や生活の大切さを教えてくれる島の人たち。

40代半ばで家族のことや仕事や暮らし方の試行錯誤真っ最中のわたしにとって刺激がたくさんでした。
自由に生きられないと思うほど実は幸せであり、人は木の根っこのようにつながっているのだと分かった気がします。

この土地の珊瑚が育んだ雄大な自然は立っているだけで清々しい気持ちに。

今食べているものが5年10年30年後の体を作るのだと考えると、自分も未来へ繋がる何かをこつこつとはじめたいと思いました。

ちっぽけな行動だったとしても少しずつ前に進むプロセスが大切であり自分らしい生き方だと思います。
人生80年だとしたら折り返してまだ6歳。

これから何だってはじめられる。
不安になった時は自分にそう言ってあげることにしています。